2013/9/8:ジェフL戦(駒場)

カップ戦と代表活動で中断していたリーグ戦後半のスタート。現在の位置は8位。9位の吉備国大とは勝ち点は並んでいて得失点差で上位という状態。
煽り?も出現。(音量注意) 掲げられたのは「反転攻勢」。

前座のプリンセスリーグ:スフィーダ世田谷ユース戦、を見終えて当日券を買って並び直した頃から雨は本降りに。


20130908160035004.JPG
浦和のスタメンは次のとおり。
後藤
加藤 藤田 中村 安田
岸川
 堂園 坂本 高畑 和田 
田尻

前の試合、カップ戦ベレーザ戦からは中村みづきがリーグ戦初先発、GKをスイッチ。オールスターを辞退したっぽい藤田は復帰したが、柴田はベンチ外。不可解なのは大滝もベンチ外だったこと。MF表示だったが成合を入れたのは逃げ切りの状態ならば「守備固め」で投入する意図か。そういう展開にはならなかったけれど(遠い目)。

前半から終始千葉のペース。安定したセービングを見せた田尻をはじめ、バー直撃のシュート一本はあったが何とか前半は0-0で折り返し。後半、こぼれ球を深澤に、CKから菅澤のヘッドでと失点し0-2で敗戦。

柴田を欠いて攻撃のスイッチを入れる選手がいないのもあるが、ショートパスでのつなぎにこだわり過ぎていてシュートまでいかないとか、両SHが孤立する時間が多過ぎるとか相変わらずの攻撃力不足。相手ボールを奪う能力に長けた藤田を2.5列目に置いてそこから(理想は相手ゴールにより近い場所から)スタートさせたいとの意図は感じるが、岸川の負担が高くて不調だと組み立てられないし、縦パスもほとんどなかった。齋藤、大滝、後藤とターゲットになる選手がいればCBからのフィードも含めて可能性が上がりそうだが。唯一調子がよさそうに見えたのは吉良。田尻もまずまずだったと思うがゴールキックの距離が課題。

プレナスなでしこリーグ2013第10節 vsジェフユナイテッド市原・千葉レディース

2013年9月8日(日) 17:04キックオフ・浦和駒場スタジアム

浦和レッズレディース 0-2(前半0-0) ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

得点者:62分 深澤里沙(ジェフL)、65分 菅澤優衣香(ジェフL)  

GK 田尻

DF 和田、高畑、坂本、堂園

MF 岸川、安田(→76分 泊)、中村(→69分 吉良)、藤田、加藤

FW 後藤

SUB 池田、齊藤、成合

観衆:991人

日曜夕方、雨とはいえ1,000人切っちゃった。入替戦すら回避する8位以上を唯一の目標にして4-4で守るくらいの守備的に入る展開でも僕はいいけれど、駒場の客は耐えられるかしら。しかし、カップ戦後半が2勝2分と上向きに見えただけに、ショック大きい。攻勢あった?

時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」