2016/4/17:なでしこ1部 コノミヤ戦(駒場)

【レッズレディース】

2016プレナスなでしこリーグ1部 第4節、浦和駒場スタジアムでの浦和レッドダイヤモンズレディース対コノミヤ・スペランツァ大阪高槻戦の観戦記。
展望記事はこちら。予想スコアは3-1で浦和。【展望】2016/4/17:なでしこ1部 コノミヤ戦(駒場)


レッズレディースジュニアユースの 2016/4/17:埼玉県1部 入間向陽高戦(入間向陽高) から駒場へ駆けつけるとキックオフ5分前だったので、開場後からの雰囲気はわからない。
レッズのスタメンは次の通り。
20160417redslss.jpg
やはり猶本はベンチ外で長野がアンカー。右サイドに塩越が初スタメン。臼井が初ベンチ。
コノミヤは次の通り。
GK 1 上野友紀子
DF 8 佐藤 楓
DF 3 壷井綾子
DF 4 秋葉夢子
DF 21 倉員史帆 90+4▼
MF 24 北川和香菜
MF 9 虎尾直美 (Cap.)
MF 14 丸山桂里奈
MF 7 成宮 唯 90+2▼
FW 11 巴月優希 90▼
FW 22 Gregorius Sarah
GK 30 村岡愛美
DF 28 藤野涼加 90+4▲
MF 5 亀岡夏美
FW 13 吉田早紀 90▲
FW 16 髙橋紗樹 90+2▲
強風は入間と同じで小雨が降り出す中でレッズが通常とは逆の風上を取る。今季の悪癖、序盤に突っ込み過ぎて後半ガス欠する症状が治らない。20分に右サイドからのCKをゴール前正面で佐藤楓に頭で合わせられて失点すると、高い位置に5-4のブロックを形成され、センターライン前後15m内に全フィールドプレーヤーが入る膠着状態すら起きるほどの流れの悪さを露呈。
後半もリズムをつかめないまま時間が経過し、中央のパス交換をあっさり許して成宮にミドルシュートを決められるとお決まりの交代プログラムを発動するが何の効果も見えないまま、成宮にもう1点献上して0-3での敗戦。
2016プレナスなでしこリーグ1部 第4節
2016年4月17日(日) 13:00キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 0-3(前半0‐1) コノミヤ・スペランツァ大阪高槻
得点:20分 佐藤 楓(コノミヤ)、62分 成宮 唯(コノミヤ)、71分 成宮 唯(コノミヤ)
GK 池田
DF 乗松、長船、高畑、北川
MF 塩越(→63分 栗島)、柴田、長野、加藤(→70分 山守)
FW 吉良、後藤(→65分 清家)
SUB 平尾、臼井、筏井、白木
観衆:939人
主審 清水勇人 副審1 狩野好子 副審2 矢ヶ崎 瞬 第4審判 遠藤かおり

Amazon
【特典付き】螢雪時代4月臨時増刊 全国大学 学部・学科案内号(2017年入試対策用) 


えええ、高槻にも負ける級だったんですね?(3日かけてもポジティブなことが見つけられなかった。)

この大敗は1部に留まる実力がないということを意味している。開幕前予想の不明が恥ずかしい。

勝てないから応援しない、ということにはならないが、まずは吉田靖監督をその任から外してみてそれでもだめならあきらめて、愛媛遠征の準備でもしようかの。世田谷戦は夢の島かなムサリクかな。

***
第4節の結果と順位表は次の通り。
I神戸 1-2 日テレ
ジェフL 4-3 AC長野
浦和 0-3 コノミヤ
新潟L 0-1 ベガルタ
伊賀FC 0-1 湯郷ベル
順位  チーム名 
1 日テレ 10 4 3 1 0 11 3 8
2 ベガルタ 9 4 3 0 1 8 4 4
3 I神戸 9 4 3 0 1 7 3 4
4 湯郷ベル 7 4 2 1 1 4 7 -3
5 AC長野 6 4 2 0 2 12 10 2
6 新潟L 4 4 1 1 2 3 3 0
7 伊賀FC 4 4 1 1 2 1 3 -2
8 ジェフL 4 4 1 1 2 5 9 -4
9 大阪高槻 3 4 1 0 3 6 9 -3
10 浦和 1 4 0 1 3 2 8 -6

この順位表は堪える。

Amazon
高校サッカーダイジェスト(15) 2016年 5/25 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊

旧パス名:

新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」