2016/8/7:関東女子1部 ジェフ千葉U-18戦(鴻巣)





【レッズレディースユース】

第22回 関東女子サッカーリーグ1部後期第6節、鴻巣市立陸上競技場での浦和レッドダイヤモンズレディースユース対ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-18戦の観戦記。
20160807105158ss.jpg
なでしこリーグカップとの共催。AC長野戦17時キックオフに対して当初12時スタートの発表があったが、気温を考慮してか10時スタートへ繰り上げ。あまり差は感じられなかったけどね。鴻巣での主催ゲーム、無料の試合はメインスタンドのみを開放するといういつもの方法。メインと言っても遠いのだけれど。
レッズのスタメンは次の通り。
20160807redsly.jpg
(GKユニ=緑色)
高橋はなが最終ラインでロストして持ち込まれシュートを撃たれたが、南がスライディングして防いでCKに逃れる。そのCKを素早く始められて、ニアポストぎりぎりにシュートを撃たれGK防げず、ジェフの選手が関与していたようにも見えた(=オフサイド)がゴールが認められてジェフが先制。
前半のレッズはボール回しがぎこちなく、仕掛けもジェフ両CBに阻まれることが多く、前回のフクスクでの展開のデジャヴ。38分に右サイドでの混戦から中央の金勝に渡ると逆サイドへ振ると見せて右の縦へ振り直して小嶋の抜け出しにピタリ。1対1を冷静に決めて同点。前半終了間際、右サイドを三浦が突破してエンドライン際も縫うように進んでマイナスのボールを出すと一法師が落ち着いて蹴り込み勝ち越し。2-1でレッズがリードしての折り返し。
後半は酷暑も手伝って淡々とした展開で進むが右サイドからまたしても小嶋が抜け出して決めて3-1として勝負あり。後は順次選手交代を行って試合終了。
第22回関東女子サッカーリーグ1部 後期リーグ 第6節
8月7日(日)10:00キックオフ・鴻巣市立陸上競技場
浦和レッズレディースユース 3-1(前半2-1) ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-18
得点:24分 失点、38分58分 小嶋星良、45+2分 一法師央佳
試合時間:90分
GK 鈴木
DF 知久、高橋は(→66分 井之川)、南、高山(→90+1分 久保)
MF 三浦(→83分 髙橋恵)、一法師(→83分 寺﨑)、長嶋、金勝、ワタリ(→57分 髙橋美)
FW 小嶋
ユースチーム伝統、安い失点からの3点もぎ取っての勝利。高橋はなはなでしこリーグカップ(AC長野戦)でベンチ入りしたので予定の交代か。2得点の小嶋は計11点にして得点ランキングトップへ。
これで関東女子リーグ1部は残り1節を残して2位確定。今後は国体、県ユースから皇后杯関東予選、と秋の日程へ向かうが、今季はU-17女子W杯ヨルダン大会が9月末からあり、チームとしてはベストメンバーを組めないことの方が多そうだ。ここまでもう一つ新しいフォーメーションでの戦い方、特に得点パターンがジュニアユースもユースも個人能力による「力づく」の突破ばかりで深化が目につかないのは気がかり。下部組織としてトップチームに招集される環境条件は致し方ないとは言え、個人の不調がそのままチームの不調に直結してしまう剛性の低さのようなものを感じる試合が何試合かあったのは事実。ベストメンバーを組めないことに戻れば逆に中3・中2にチャンスが巡ってくるだろうから新たな戦力に期待したい。


新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら(正)
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら(正)

Instagramやってます。



投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」