旅行記2017:名古屋・大井川鐵道(準備編・初日)





名古屋競馬参戦と大井川鐵道乗りつぶしの1泊2日の旅。

○準備編

  • 名古屋競馬参戦となれば、どうしても開催日が平日なので休みを取って行く必要がある。丸々一日いる必要があるかと問われれば、そこに定義も基準もないのだけれど、いわゆるナイター開催ではないので1Rから最終12Rまでいても新幹線を使えば日帰りは可能である。それでもせっかく行くのでということで、金曜日丸一日費やすことにして後泊にしてどこかフラフラしようという方向で検討開始。
  • 行きは新幹線になるが、開門10:00ならば東京7:50→名古屋9:31ののぞみで足りるのだが、朝のラッシュ時に東京駅まで行くのは少々しんどいので「ぷらっとこだま」(グリーン車9,300円)の東京6:33発→名古屋9:15着なら早起きをするぶんにはともかく、少しは楽だろう。有休申請した一週間前に最寄のJTBに寄って購入した。
  • JR東海の「休日乗り放題きっぷ」は普通列車のみの通用で2,670円と豊橋~熱海の通常運賃(3,350円)より安く移動できる。青春18きっぷなどがないこの時期にはこれしかないくらい。前回通りかかった時に思いついた未乗の大井川鉄道を往復する案で時刻を確認すると豊橋7:11発で充分間に合うので、豊橋市内で宿泊を探して確保。台風が近づいているので後のプランは流れに任せてフレキシブルに。 

○初日(2017/10/27金:→名古屋→豊橋)

今回は東海道新幹線ホームから。

東京6:33(こだま631号名古屋行/東海道新幹線)→9:15名古屋

というわけで朝一のこだま。

今日は幕の内弁当。小一時間寝て、新聞取り出して改めて中身をチェックしていたらあっさり着いてしまった。

 

地下街のエスカに下りて行って「コメダ珈琲」を覗いてみるが意外に混んでいる。というわけで、「カフェ・ド・クリエ」でモーニング。

あおなみ線で名古屋競馬場を目指す。

 

以降は参戦記で。

2017/10/27:名古屋競馬参戦記(準備・入場編)

路線バスで神宮前へ出る手も考えていたが、往復きっぷを買ってしまったので再び名古屋駅へ。ガード下の居酒屋「かぶと」突入。初めての訪問だったが「大七」があったので、ポイント高い。一時間強居て4kぎりぎり。

帰宅時間で名鉄は東岡崎まで立ったまま。豊橋駅窓口が混んでいてずいぶん待たされたが明日のきっぷを買って、コンビニで調達してから宿へ。思いっきり中華客向け仕様だった。あっさり寝落ち。

2日目へ続く。


新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
女子サッカー2018移籍等リスト(オフシーズン) 、スタートしました。
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」