旅行記2020:北部九州乗りつぶし(2日目)





北部九州乗りつぶし旅行記。

2日目は「みんなの九州きっぷ」を使って、福岡から平戸を回って長崎へ。そして唐津経由で別府まで。

○2日目(2020/11/28土:福岡→有田→佐世保→長崎→唐津→福岡→別府)

博多6:33(JR鹿児島本線/特急かもめ3号長崎行)→7:20肥前山口

2号車はコンセントがあると聞いてきたのだがひじ掛けの下にあったものの一段切り込みが入っていてUSBアダプタでは挿し込めなかった。しかしそのためにごく短い延長コードまで持ち歩くのかという、、、

肥前山口7:24(JR佐世保線/普通佐世保行)→7:59有田

肥前山口で佐世保線へ乗り換える。普通佐世保行は7:24発だが着いたホームの隣に普通長崎行がスタンバイしていてこれも7:24発でちょっと迷ったのだった。

車窓から見ただけなので写真は無いが武雄温泉の新幹線駅やその先の線路・トンネルはすっかり形を成していて開業が近いことを感じさせた。

有田8:11(松浦鉄道西九州線)→8:36伊万里

有田駅で第三セクターの松浦鉄道に乗り換える。有田駅の窓口はまだ営業時間外なので運転士氏に声がけして1日乗車券(2,000円)を購入。

伊万里8:42(松浦鉄道西九州線)→11:07佐世保

伊万里駅での乗り換え時間が短いので外へは出なかったが、駅舎どころか線路もJRとは分けられているようだ。松浦鉄道自体もスイッチバックになる。

伊万里駅からの乗車人数は数名程度でおやおやと思ったが途中からはそこそこ実需で乗っているように見受けられ、観光路線化との二極論でものを言うつもりもないが勝手ながら少し安心する。

たびら平戸口駅。日本最西端については乗りつぶしでモノレールを対象にしている当方としては那覇空港駅になる(日本最南端は赤嶺駅)と思われるが大議論に発展しかねないので、遠目で一枚挙げて話を終える。しかし一年のうちに最東端と最北端にここも通ることになるとは。

佐世保の中心部には佐世保中央駅があるので若い衆を中心にそちらで下車。佐世保駅での乗り換え時間が4分なので早目に前扉に寄っておいたが、松浦鉄道ホームから連絡改札を通り抜けてまっすぐ進めば目的のシーサイドライナーが待機しているのだった。

佐世保11:11(JR佐世保線/快速シーサイドライナー長崎行)→早岐(JR大村線)→12:25諫早

ハウステンボスで結構乗ってくる。まさにシーサイドの名の通り海辺の眺めのいい区間が多かった。彼杵(そのぎ)、難読。

このまま喜々津まで行ってもいいが、諫早での停車時間も長いので一度改札外へ。

ここも新幹線駅部分は相当出来上がっていて、駅ビルと駅前再開発も進行中。Jリーグの試合(長崎対新潟)があるらしく、サポーターが続々と到着。

島原鉄道は数十年乗っていない勘定になるがまたいずれ。

諫早12:53(JR長崎本線)→13:01喜々津13:10(旧線)→13:56長崎

高校生ばかりの喜々津駅でアイラインパッチリの旧線に乗り換える。掲示やアナウンスでは「長与経由」が使われている。新線の方は「市布(いちぬの)経由」。定刻で書いているが特急の遅れを理由に長与で抑止があったので数分遅れて到着。




長崎駅も今年3月28日に高架化・新駅舎開業したのだが周辺はまだ工事中。時間の余裕がないので数枚撮るだけ。路面電車も全線完乗ではないのでまた来たい。

長崎14:19(JR長崎本線/特急かもめ24号博多行)→15:26肥前山口

コンビニで昼食の調達をしてからかもめに乗り込む。ここは昨日のうちに指定席を取っておいた。

肥前山口15:30(JR長崎本線/普通鳥栖行)→15:38久保田

再び肥前山口で普通へ乗り継いで分岐の久保田まで2駅。

久保田15:48(JR唐津線)→16:50西唐津

1時間にほぼ1本のダイヤをうまく組み込めた。高校生の帰宅時間。列車自体は佐賀発。

山本駅の手前から筑肥線が近寄ってくるところは面白かった。今回未乗のままお預け。

西唐津17:01(JR唐津線/快速福岡空港行)→唐津(JR筑肥線)→姪浜(福岡市営地下鉄1号線空港線)→18:19博多

途中で日が暮れる。DENCHAもそうだがロングシートだけなので車窓を眺める楽しみは半減。

有人改札で姪浜→博多の市営地下鉄運賃を精算、300円。

12時間ぶりの博多駅。荷物をコインロッカーから取り出して特急ソニックの指定を取る。それから地域共通クーポンを使って駅弁を、コンビニでビールを買って乗り込む。

絵面が朝と全く同じだがこちらは白いソニック。

博多18:57(JR鹿児島本線・日豊本線/特急ソニック49号大分行)→20:51別府

駅弁は「うまか!博多炙りめんたい牛めし」、1,280円。

博多駅は駅弁の種類が豊富で楽しい。

ホテルフジヨシ、3,120円(込、Go To キャンペーン適用【地域共通クーポン1,000円Back】、予約サイト経由)。さすが別府、客室内のユニットバスでも温泉供給。

この日の長崎方面の乗りつぶし状況(赤色)。

3日目へ続く。

旅行記2020:北部九州乗りつぶし(3日目)


新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
旅行記一覧

旅打ちまとめ

投稿者: にっき

全部浦和が悪い。よっぱ雷蔵。馬券は下手。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」