2017/7/22:なでしこリーグC1部 ベガルタ戦(ユアスタ)





【レッズレディース】
2017プレナスなでしこリーグカップ1部 Bグループ 第9節、ユアテックスタジアム仙台でのマイナビベガルタ仙台レディース対浦和レッドダイヤモンズレディース戦の観戦記。

展望記事はこちら。

【展望】2017/7/22:なでしこリーグC1部 ベガルタ戦(ユアスタ)

夕方に神戸とのトレーニングマッチを入れて「Wマッチ」としてイベント強化してきたベガルタ。さっそくHUBでギネスを買う者を多数目撃。それはそれとして、今回事前に声がけをさせてもらい、自由席回数券(5枚)を購入してシェア、900円で入場し、前売1,200円/当日1,700円に対抗。

レッズのスタメンは次の通り。

対戦相手はこちら。

GK 1 齊藤彩佳
DF 27 三橋眞奈
DF 26 北原佳奈
DF 3 市瀬菜々
DF 22 万屋美穂
MF 11 安本紗和子77▼
MF 6 カトリ―ナ ゴリ―
MF 4 岸川奈津希(C)
MF 19 西川明花HT▼
FW 17 井上綾香85▼
FW 9 小野 瞳59▼

GK 21 ブリトニー キャメロン
DF 2 千葉梢恵
DF 5 坂井優紀
MF 7 田原のぞみ85▲
MF 20 佐々木美和77▲
FW 10 浜田 遥59▲
FW 18 ケイトリン フォードHT▲

 

試合は序盤から不意に動く。左サイドに展開して塩越から北川へと抜けて持ち込みクロス、ファーライン寄りで待つ菅澤が頭で丁寧に合わせて2分で先制。それ以降もレッズが主導権を握り、DFラインも堅い。33分に猶本のミドルの跳ね返りを安藤が頭で押し込んで追加点。2-0で前半を折り返す。

後半はずるずると後退。それでも何とか凌いでいたが、85分にレッズ右サイドをパス交換で破られて浜田のシュートがファーポストに当たって入ると、すぐ同じように右サイドからのクロスに外から飛び込んできたフォードに合わせられて連続失点で同点にされ試合終了。

2017プレナスなでしこリーグカップ1部Bグループ第9節

7月22日(土)13:00キックオフ・ユアテックスタジアム仙台
マイナビベガルタ仙台レディース 2-2(前半0-2) 浦和レッドダイヤモンズレディース
得点:2分 菅澤優衣香、33分 安藤 梢、85分 浜田 遥(マイナビ)、87分 ケイトリン フォード(マイナビ)

GK 平尾
DF 木崎(→85分 長嶋玲)、長嶋洸、高畑、北川(→HT 遠藤)
MF 柴田、筏井、猶本(→61分 長野)、塩越(→72分 白木)
FW 菅澤(→HT 吉良)、安藤
SUB 松本、清家

観衆:1,344人

主審 山下良美
副審1 藤澤祐人
副審2 岩渕亜紀子
第4の審判員 桜井洋輔

前後半で別のチーム状態。それでも押し切って勝たなければいけなかったが、ベガルタの交代して入ってきたFWに立て続けに決められてしまった。試合勘という点で徐々にレギュラーとサブの間に差ができているのを感じたが、一方で短い時間でも実戦の場に出たことについては収穫だった。


新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。



投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」