2017/11/10:川崎競馬参戦記(入場編)





川崎競馬でロジータの献花台にりんごをお供えした記録。

○入場編

午前中の用事が首尾よく終われば身体が空くので、苦手意識のある川崎競馬へ行って熨斗つけて返してもらおうと考えていた。この週は水曜日に地方交流重賞「ロジータ記念」が行われる開催なのだが、そのロジータが昨年12月に死亡していたことが報じられた。

川崎競馬リリース 「ロジータ号死亡のお知らせ」

30歳まで生きたということは馬としては大往生、レースを実地で見たのは一度だけだったが(1989年東京大賞典)、直線豪快に伸びて他馬を寄せ付けず、そのままどこまでも駆けていきそうな力強さは強烈な記憶。

献花台が設置されるとのことで、でも花はなあと思っていたら、馬の場合はりんごという手があることに「南関魂」の記事で気付いたので用意した。

そして、競馬は続いていく。



2号スタンド4階の特別観覧席A(1,500円)。気付くのが遅れたがひっそりと設置されたエレベーターを使えばパドックの往復も何とか耐えられる。スタンプは押さず、外出時に再入場券を都度渡される方式。飲み物タダ。

パドックそばの売店でコロッケ(200円)。

「立喰 志ら井」の煮込みライス(650円)。

隣の「みよし」のタンメンにはたどり着けず(涙)。

レース編はないが、川崎を苦手としてきたのは絞れば抜け、軸に据えればタテ目になるところで、手を広げてみたらまぁ何とか今日はこの辺で勘弁してやる域で帰れることになった。


新時々日記
http://www.tokidokinikki.net
女子サッカー2018移籍等リスト(オフシーズン) 、スタートしました。
2012年度以降の浦和レッズレディース 試合結果・観戦記一覧はこちら
2013年度以降の浦和レッズレディースユース 試合結果・観戦記一覧はこちら

Instagramやってます。

投稿者: にっき

短縮形=「⇅」。グラサン長身プロデューサー。よっぱ雷蔵。松本真未子全力応援。好きな言葉=「僕の覚醒している時って、絶対に誰にも負けない」頻発フレーズ=「そーだそーだ!」「バカじゃないの」「ちゃんとして」「今日はこのくらいで勘弁してやる」「今度泣かす」「○○何してる(-д-)」